私たちのビジョン

「グリーンティーリズム」は、日本茶の産地である東彼杵町の都市農村交流のスタイルの在り方を表現したものです。


茶農家が中心となり、国内外の来訪者を受入れ、日本茶のおいしさ、効能、すばらしさを伝え、日本茶の需要を高めることを目的に平成26年度よりスタートしました。

 来訪者に正しい日本茶の飲み方や、お茶農家ならではの日本茶の楽しみ方、そのぎ茶の歴史や製法など、その美しい茶畑の景観の中で伝えていきたいと考えています。

 今後は、この体験型・交流型のツーリズムや民泊を東彼杵町(ひがしそのぎちょう)全体に拡げ、茶農家だけでなく、米や野菜、畜産農家、漁業・林業者などにも参加して頂き、活気ある地域づくりをしていきたいと考えています。

谷あいの陽だまり里でこころの一服を。

地域について

東彼杵町の中尾集落(なかおしゅうらく)、そこはお茶の専業農家が暮らす農村地域。

その風土は、標高250メートル前後に位置し、南西には大村湾(おおむらわん)、北の虚空蔵岳(こくぞうだけ)から南の多良岳(たらだけ)一帯は火成岩(かせいがん)地域。彼杵川(そのぎがわ)が谷を刻み、中尾集落(なかおしゅうらく)を形成する。

なだらかの山間は霧深く、昼夜の気温差が大きく、お茶の栽培に適し、特に先人たちが築き上げた石積みの茶棚と、大村湾を望む風景は、日本の美しい原風景の一つである。

豊かな大地から育まれたお茶、蜜柑(みかん)、米や野菜をはじめ、地域のお母さんたちが代々受け継がれた味で、もてなす風味の数々は訪れた者たちの心をも満たしてくれる。この地域の氏神様である稲荷神社(いなりじんじゃ)は、ムラの暮らしを見守り続けている。

秋の千灯籠祭(せんとうろうまつり)は集落の風俗の一つである。この谷あいの集落では木枯らしの吹く頃、陽のさす明るく、温かいところを“うんばんつくら” と呼ぶ。“乳母さんの懐” は、子供(孫)たちにとっては、温かく、乳の香りのする、心安らぎぐっすり眠ることができる場所という意味。中尾集落も来訪者にとって、“うんばんつくら” のような場に……。
何段も続く石積みの茶畑、大村湾に沈む夕陽、ムラ人たちの笑顔と手作りの料理、そして心温まる一服のお茶が一番のご馳走です。

歴史・文化

東彼杵町のお茶の歴史は古く、室町時代にまでさかのぼるといいます。

江戸時代には大村藩主の奨励によって畑での栽培が盛んになり、現在の基礎が作られ、さらに幕末には、一帯で栽培されたお茶は、長崎の女性貿易商・大浦慶(おおうらけい 女性)がイギリス商人らとともに海外へ輸出し、その存在が知れ渡ったといいます。

長崎県一のお茶の産地・東彼杵町。「そのぎ茶」の特徴は、勾玉状の丸みを帯びた茶葉であること。

中国・明より伝来した釜炒り茶(かまいりちゃ)の製法を継承した、蒸製玉緑茶(むしせいたまりょくちゃ)と呼ばれる仕上げで、渋みを抑えたまろやかな味わいが特徴です。若い葉を丹精して仕上げているため急須の中で葉がゆっくり開くことにより、甘さがかもし出され、ふくよかな味わいと香りを楽しめます

心の交流は民泊で。

農家民泊家庭のご紹介

本協議会の宿泊施設は旅館やホテルではなく、すべて農家“体験”民宿となります(長崎県営業許可取得済み)。農家の日常にあるさまざまな体験を通じて、生産者ファミリーとの交流をお楽しみください。

そのぎ茶農家の場合は、ごはんを一緒に食べながら、「美味しいお茶の淹れ方」などを体験することができます。また、朝夕の食事も体験となりますので、料理づくりや食器の上げ下げなどのお手伝いをお願いしております。

宿泊料 
 1泊2食付き  大人(中学生以上): 7,500円
小人 : 5,000円
※税込み
詳細はこちら
農家民泊 俺の家
えんち
部屋数/定員
2部屋/5人

宿名の「俺の家=えんち」は地元の言葉から。人と話すのが好きで、集落でも面倒見のよいことで知られる久嗣さんは、本協議会の会長を務め、本町グリーン・ツーリズムの推進へ先頭に立ちます。バンドを組んでいた経験もあり、その歌声は町のイベントで披露するほど。明るいキャラクターの節子さんとのかけ合いも滞在中の楽しみです。宿の周辺は水田や畑が多く、これぞ日本の田舎といった風景。散策すると、心が癒されます。

中山茶園
TEL : 0957-46-0323

※ バスタオルや歯ブラシなど各種アメニティ、アルコール類についてはお客様の方でご用意ください。

※ お風呂は嬉野温泉へご案内しています(宿泊料込み)。
お問い合わせ
詳細はこちら
農家民泊 茶楽
ちゃらく
部屋数/定員
2部屋/6人

外国人旅行者にも臆することなく、そのぎ弁でコミュニケーション。気さくな性格で誰とでも仲良くなってしまう、そんな次作さんですが、町内のお茶関係者にはひと目置かれる存在。それでも、農林水産大臣賞や黄綬勲章を受賞したこと、自ら話すことはありません。英子さんは日本茶インストラクターの資格を持ち、併設する「茶飲み処 茶楽」で、そのぎ茶をPRしています。料理も得意な、頼りになる本協議会のお母さんです。

大山製茶園
TEL : 0957-46-1349
URL : http://ooyamacha.ocnk.net/

※ バスタオルや歯ブラシなど各種アメニティ、アルコール類についてはお客様の方でご用意ください。

※ お風呂は嬉野温泉へご案内しています(宿泊料込み)。
お問い合わせ
詳細はこちら
農家民泊 深緑の里
しんりょくのさと
部屋数/定員 :
2部屋/5人

標高約350mの高所で、四代続くお茶農家です。三代目となる和義さんは、無農薬栽培や和紅茶づくりなどにも熱心。産学連携のお茶プロジェクトには事業組合の代表として参画し、ビワ葉混合発酵茶「ワンダーリーフ」を開発しました。和義さんと洋子さんは、いつ訪ねても笑顔で迎えてくれます。宿は集落の行き止まり。携帯電話の電波は入りづらい場所ですが、いっそのことオフにして、のんびりするのもいいかもしれません。

そのぎ茶 深緑の里 大場製茶
TEL : 0957-46-1401
URL : http://www.sinryoku.com/

※ バスタオルや歯ブラシなど各種アメニティ、アルコール類についてはお客様の方でご用意ください。

※ お風呂は嬉野温泉へご案内しています(宿泊料込み)。
お問い合わせ
のんびりもよし。アクティブもよし。

そのぎ茶体験プログラム

茶工場見学

茶葉が製品になるまでの工程を順番にご説明します。

■ 時期:通年
■ 所要時間:10分~
■ 料金:無料 (民泊宿泊者)

食べるそのぎ茶作り

生産農家だからできる、新鮮な茶葉をふんだんに使ったスイーツや天ぷら、ふりかけなどの作り方をレクチャーします。

■ 時期:通年  
所要時間:60分~  
料金:無料 (民泊宿泊者)

お客様の声

民泊体験者の感想

本当に素晴らしい経験の連続の旅でした。農家さんたち、村の方々、役場の方々の心温まる歓迎と人々の魅力が心に深く残った旅でした。中山さんご夫妻には本当にお世話になり、お礼の言葉が見つかりません。当日充分伝えきれなかった感動や感謝の気持ちを記して、お礼のお手紙を出したいと思います。友人や知人に今回の東そのぎの旅で経験したことを、ずっと話しています。皆、もっともっと聞きたいと言ってくれています。本当になにからなにまでお世話になりました。

アメリカ人 男性 Gさん

お客様の声

民泊体験者の感想

わずか1泊2日の短い滞在でしたが、明るく楽しい個性豊かな人々とたくさん出会えたことが、なによりも喜びです。もっともっと多くの人に、この美しい場所を知ってもらい、来てもらい、素晴らしい人々との交流を深めてほしいと願います。東そのぎで体験した事を、友人たちにも口コミで宣伝したいと思います。

BEn Tomasch

お客様の声

民泊体験者の感想

日本人でもきちんとしたお茶の淹れ方や美味しさを知らない人がたくさん増えています。大山さんの茶楽で淹れていただいたお茶は、旨みと甘みと深い色が見事に調和していました。以後東彼杵茶のファンになり、毎年数十袋単位でお取り寄せしています。

日本人 女性 Mさん

東そのぎグリーンティーリズム協議会 概要

東そのぎグリーンティーリズム協議会

東そのぎグリーンティーリズム協議会は、5つの指針を持ち、その活動を行っています。

東そのぎグリーンティーリズム協議会5ケ条

1
東そのぎグリーンティーリズム協議会は、5つの指針を持ち、その活動を行っています。

そのために、来訪者・民泊者には、一煎ずつ丁寧にお茶を淹れ、お茶の淹れ方、美味しい飲み方を教えます。

2
其の二、東彼杵町の自慢は「茶畑の景観」

そのために、次世代にお茶づくりを伝え、この産業風景を守ります。そして来訪者・民泊者には、自分のとっておきビューポイントをこっそり教えます。

3
其の三、東彼杵町の自慢は「人の絆」

そのために、来訪者・民泊者には、過剰なサービスをせず、親戚をもてなすように「心の交流」を大切にします。

4
其の四、東彼杵町の魅力を「食」を通じて伝えます。

そのために、来訪者・民泊者には、地元で採れた米、野菜、山菜など季節の旬の食材でもてなします。もちろん、「茶葉」を使った家庭の自慢料理もお出しします。

5
其の四、東彼杵町の魅力を「食」を通じて伝えます。

そのために、来訪者・民泊者には、地元で採れた米、野菜、山菜など季節の旬の食材でもてなします。もちろん、「茶葉」を使った家庭の自慢料理もお出しします。

「茶道の心」が宿る東そのぎのおもてなし。

心癒される自然&体験プログラムの一コマ

お問い合わせ & アクセスマップ

各種プログラムについてのお問い合せ、民泊受入可能日やご宿泊人数など、こちらのフォームからお問い合わせください。宿泊予定日の10日前までにご連絡いただければ幸いです。お申込み受付後、協議会よりお電話かメールにて詳細をご連絡させていただきます。

住所
〒859-3807
長崎県東彼杵郡東彼杵町彼杵宿郷437-1
東彼杵町歴史民俗資料館内
東彼杵町ふるさと交流センター

TEL
0957-46-0900

担当
飯塚